ご利用案内

EMCサイトの予約申し込みについて

下記受付窓口へお電話かメールでご連絡をお願いします。

その後、「各種ダウンロード」のページより申請書を記入・作成しFAX:0949-24-5300へ送信して頂きます。

各種ダウンロード
(別ウィンドウで開きます。)

 

窓口受付時間

祝祭日を除く月曜日から金曜日の 9:00~17:00 まで
TEL:0949-29-1400 / FAX:0949-24-5300

※各施設利用時間はご相談に応じます。

 

EMCサイトのご案内

1.EMC関連試験業務の概要

項目 備考
自主試験 使用者自身で行う試験です。設備の操作方法はスタッフがご説明致します。
規格試験 当センタースタッフが指定された規格に基づき試験を行います。
また試験結果に対する試験報告書を発行致します。
規格試験については、使用規格やテストプラン(使用者が作成・用意)等について事前に
お打合わせが必要です。
依頼試験 操作方法や誤動作判定が簡便な物など当センタースタッフのみで対応可能なEUTに限り、依頼者立会いなしで依頼試験として実施することができます。

 

2.EMCサイトのご利用にあたって

1.予約のお申込みについて

お電話にて希望日時、試験概要をお知らせ下さい。EMCサイトの予約状況を確認し、試験可能日時で仮予約致します。
仮予約の後、予約申込書(直鞍産業振興センター使用申請書) に必要事項をご記入のうえ、FAXにて送付して下さい。
当センターがFAXを受け取った時点で正式予約成立となります。
仮予約につきまして、仮予約日を含めて5日後に本予約扱いとなります。
日程変更及び申請書を未提出でもキャンセル料の対象となりますのでご注意下さい。
当サイトの目的外利用などによっては、ご利用をお断りすることがございますのでご了承下さい。

 

2.予約キャンセルについて(2015年4月1日改定)

お客様の都合による予約のキャンセル及び日程変更時において、下記キャンセル料を請求致します。
キャンセル料は予約した設備利用料に対する下記キャンセル料率の額とします。

 

利用予約の初日から起算して15日前~:無し
利用予約の初日から起算して8日前~14日前:使用予定の設備利用料の10%相当
利用予約の初日から起算して4日前~7日前:使用予定の設備利用料の30%相当
利用予約の初日から起算して当日~3日前:使用予定の設備利用料の80%相当

 

仮予約は仮予約の日を含めて5日後(土日祝日は含まず) 、本予約扱いとします。
※使用予定の7日前より仮予約もキャンセル料の対象となります。

 

3.EMC試験施設の営業日及び営業時間について

[営業日]

  土日・国民の休日・年末年始については、休業日とさせて頂きます。

[営業時間について]

  電話受付時間 8:30 ~ 17:00 電話でのお問い合わせ等は、左記の時間内にお願い致します。
  基本使用時間 9:00 ~ 17:00 センタースタッフが対応します。

営業日外及び営業時間外のご利用は遠慮なくご相談下さい。
(都合によりお受けできない場合がございます。)

 

4.EUT(測定対象の製品)等機材の搬入・搬出について

EUTの搬入・搬出につきましては、当センターの運搬機材を自由にご利用下さい。

2.8tホイストクレーンは資格を持った方のみ、ご利用になれます。

宅配便等でEUTを当センターへ発送する場合は、事前にご連絡下さい。

※搬入・搬出において、一時的にこちらで保管が必要な場合はご相談下さい。

 

5. ご利用について

ご利用当日は、センター受付までお越し下さい。ご利用の施設へご案内致します。
イミュニティ試験をご利用の場合は、事故防止のためできるだけ二名以上で実施して下さい。
使用終了後は、使用施設をすみやかに原状回復し、センタースタッフへご連絡下さい。
金属類や薬品の含まれたものなど、一般ゴミでないものはお持ち帰り頂きますようご協力お願いします。
※昼食のお弁当をご希望の場合は、10時半までスタッフへお申付け下さい。
(宅配弁当の営業日のみとなります。)

 

6.使用料金のお支払について

施設のご利用後清算を行い、当日請求書を発行致しますので、指定期日までに請求書に記載された指定口座へお振込み下さい。振り込み手数料は、使用者でご負担をお願い致します。

 

7.個人情報の取り扱い、守秘義務について

サイトのお申込みやご利用等により知り得た情報につきましては、正当な利用目的の実施に必要な範囲においてのみ取扱い致します。
ご提供いただきました個人情報を事前に提供者の同意を得た場合を除き、第三者に提供致しません。
但し、次に該当する場合は提供者に事前の同意を得ることなく、第三者に提供する場合があります。
(1) 法令の定めに基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護に必要であり本人の同意を得ることが困難な場合